ウォーターサーバーイメージ

ウォーターサーバーでとても簡単にミルクが作れた

まだ生まれてまもない赤ちゃんがいると、ミルクをとても頻繁に作らなくてはなりませんでした。
作るには、まず90℃以上の熱湯を用意しておいて、別に湯冷ましを用意して、熱い状態と合わせて適温にしなければなりませんでした。
湯冷ましを作るのをついつい忘れてしまったり、電気ポットのお湯がいつの間にかなくなってしまうこともしばしばで、そのたびにお腹がすいて泣いている赤ちゃんを横目に、やかんでお湯を沸かしてから、熱々状態のミルクを水道の流水で冷やすという面倒な作業をしなければなりませんでした。
湯冷ましの変わりに、赤ちゃん用品店を中心にして売っている、専用のミネラルウォーターを冷蔵庫で冷やして準備しておくという方法もありましたが、通常のミネラルウォーターよりも若干高い上、好きな時に買いに行くことができず、若干面倒だと感じることもありました。
そんな時、赤ちゃん用の雑誌を見ていたら、ウォーターサーバーの広告を目にしました。
今まであまりウォーターサーバーの知識はありませんでしたが、よく広告を見ると、水をミルクにも使えることがわかり、またすぐに熱湯と冷水がそれぞれ出てくるという、とても便利なものだと知りました。
そこで、すぐにインターネットでいろいろと調べて、夫と相談して、ウォーターサーバーを自宅に導入することを決めました。
連絡してから、すぐにスタッフから折り返し連絡があり、すぐに自宅に導入する日程が決まりました。
スタッフの方が配置から設定まですべて行ってくれて、自分たちでは特にすることがなく、使用方法を簡単に教わるのみでした。
といっても、特に使用方法というものもなく、蛇口をひねれば簡単に熱湯と冷水がでてきました。
簡単な洗浄とメンテナンス方法を教えてもらいました。
完全ミルク育児だったので、一日に八回以上作らなくてはならないこともありました。
また、赤ちゃんの空腹のタイミングを間違ってしまうと、せっかく作っても飲んでもらえないこともありました。
ウォーターサーバーを自宅に設置してからは、一つの機械で何も準備しなくても、簡単にミルクを作ることができるようになり、とっても便利だと感じました。
水が入っているボトルが大きいので、取り換える頻度が少なくて済んだのが助かりました。
ペットボトルだと、すぐに水がなくなってしまい、新しいペットボトルを用意するのは時間がかかってしまいましたが、そういった煩わしさから解放されました。

Copyright(C) 2012 water.com All Rights Reserved.